花粉症の悪化を防ぐ家づくり☆掃除法や対策は?

      2018/05/08

スポンサーリンク

こんにちはsarahです。

2月に入りだんだんと日が長くなってきましたね。

3月に入れば、少しずつ春を感じるが増えてくることでしょう。

暖かくなるのはうれしいけど・・・

気温の上昇と共にやっってくるもの。

 

花粉!

 

花粉症の方にとってはかなりきつい数週間?数か月?になりますね・・・

我が家は子供が花粉症を持っているので、アメリカに来たら日本よりは花粉症がマシになるのではないかと思っていました。

ですが、

それは大きな間違いでした・・・

 

アメリカは杉の本数は多くはないとはいえ、なにせ自然が沢山あるため

アレルギーの原因になるものは沢山あるわけです。

いろんなお花や木の花粉でアレルギーの悩まされている人を沢山見かけます。

 

こちらにきても状況はあまり変わりませんでした。

しかも、アメリカ人はマスクをしないので、思いっきり花粉を吸いこんでいるんでしょうね。

そこで今日は家の中から始められる花粉症対策をご紹介したいと思います。

医者にも行った、薬も飲んでる、それでもなかなか改善しないという方。

家の中の環境を見直すことも一つの方法かもしれませんよ^^

花粉を家に持ち込まない

洗濯ものは部屋干し、または乾燥機を使う

もちろんシーツ類、布団類も外に干してはいけません。

外に干して、沢山花粉の付いた布団で眠ると花粉症が悪化するのは間違いありません。

コートはブラッシングする

帰宅したら、コートは玄関でかならずブラッシングして、花粉を落とします。

コート掛けは出来るだけ玄関に近い所に設置しておくといいでしょう

カーテンは自然素材のものを

カーテンは気兼ねなく洗えるものが一番。

中でも、綿や麻がお勧め。

ナイロンやポリエステルなどの化繊は、洗濯後もしわが出来にくく、お手入れしやすいですが静電気が発生しやすく、埃や花粉などがくっつきやすくなるので花粉症の方にはお勧めできません。

空気清浄機を使用する

スポンサーリンク

空気清浄機を置くべき場所は二つ

寝室(特に子供部屋)

玄関

です。

 

寝室は埃や、花粉、ダニなどアレルギーを引き起こす物質が沢山あります。

また寝ているときは、床に近い位置に顔があるので、これらのアレルギーを起こす物質を吸い込みやすくなってしまいます。

我が家の子供たちも、耳鼻科の先生から寝具をアレルギー対策用の寝具に変えることをお勧めされたり、空気清浄機を使用することをお勧めされています。

 

また玄関は、外からの空気が一番入ってくる場所になるので、玄関に清浄機を置くことで効果的に花粉が入ってくるのを防ぐことができるのです。

洋服の素材に注意

ウールやファー素材などは、花粉が付きやすくなるので避けます。

ツルツルした素材がお勧め。

おすすめ掃除

朝イチのモップがけ

朝、家族が起きだしてくる前にササっとモップがけをしましょう。

家族が歩き回り、埃や花粉が家の中を舞う前にモップでふき取ってしまいます。

網戸掃除

網戸には無数の花粉が付着しているので、まず、網戸を小さなほうきで上から下に向かって埃を落としましょう。

これだけでも、汚れが付着しにくくなるだけでなく、花粉やほこりを払い落すことができます。

ハタキは使用しない

ハタキは埃を舞い上がらせるので、使用厳禁です!

まとめ

今すぐできる花粉症対策はいかがでしたか?

花粉を外から家に持ち込まないようにするのが一番重要です。

あとは、掃除方法を見直してみたり、洋服の素材を考えてみたり。

是非参考にしてみてくださいね。

今日もお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク

 

 

 

 


 - 掃除テクニック, 暮らし