クリスマスをキャンドルで素敵に演出しよう!キャンドルの種類と使い方について

   

スポンサーリンク

こんにちはズボラbeauty管理人のsarahです。

ハロウィンが終わればクリスマスがやってきます!

クリスマスといえば、キャンドル。

クリスマスのテーブルやデコレーションに欠かせませんよね。

今日はキャンドルの種類や、期待される効果などについてお伝えします。

クリスマスだけではなく、普段の生活にも取り入れ、優雅で美しい暮らしを共に目指しましょう^^

キャンドルの効果

・ロマンチックな雰囲気を演出

キャンドルを灯してテーブルを囲んだことがありますか?

自宅ではないけど、レストランでは経験あり。という方が多いのではないでしょうか。

キャンドルの光は幻想的で、自宅にいても特別な雰囲気を演出できます。

一度試してみてください。想像以上にムードを変えられますよ^^

・美人効果

電気の下で彼氏や旦那さんと向き合うより、キャンドルを灯してみましょう。

きっとあなたの美しさは倍増、そして彼氏や旦那さんもいつもより男前に見えると思いますよ!

キャンドルのあたたかな光は肌をきれいに見せてくれ、美人効果絶大といわれています。

・「f分の1」の揺らぎ

”1/fゆらぎ (エフぶんのいちゆらぎ) とは、パワー(スペクトル密度)が周波数fに反比例するゆらぎのこと”

出典Wikipedia

波の音、小鳥のさえずり、キャンドルの炎、川の流れる音、雨音などがこれに該当し、人はこの音を聞いたり、見たりすることによりリラックス効果を得るとされています。

キャンドルの光をみることは、リラックス効果をもたらします。

でも、寝る前にキャンドルを灯して、そのまま寝てしまわないように・・・

管理人も一度うとうとしてしまい、足がキャンドルにあたりロウがこぼれて火傷しかけた経験があります・・・

あ~、火事にならなくてよかった。。。

キャンドルの種類

スポンサーリンク

フローティングキャンドル

出典:https://www.bing.com/images

火を灯したまま水に浮かべられるキャンドル

キャンドル基本的に水に浮くが、フローティングキャンドルはそれを圧縮して作られている。

密度が低くなり浮かぶのに適したキャンドルになる

 

リキッドキャンドル

出典:https://www.google.co.jp

天然ガスを原料にした液状のリキッドを芯を通して吸い上げ燃える。

色付きのリキッドもあり、インテリアに合わせて楽しめる。

 

ティーライトキャンドル

出典:https://www.google.co.jp

アルミカップの中でロウが液体化し、最後まで使えるので無駄がない。使い勝手もよく、取り換えも簡単。

クリアなカップのものは色も楽しめる。

 

テーパーキャンドル

出典:https://www.google.co.jp

昔ながらの定番キャンドル。

教会などで昔から使われている。

最近ではロウが垂れてこないタイプなどもあります。

 

ピラーキャンドル

出典:https://www.bing.com/images

ヨーロッパの寺院の柱をまねて作られたため、「ピラー」という名前が付けられた。

様々なアレンジを楽しめるのが魅力。

花や、クリスマスリースとの相性もよい。

まとめ

今日はキャンドルの種類や効果についてお伝えしました。

キャンドルにはムードを演出したり、また私たちに癒しを与えてくれたりと、いろんな効果があります。

ぜひいつもの生活にも取り入れて、癒しの空間を演出してみてはいかがでしょう。

忙しい毎日、自宅に帰ってキャンドルに火を灯し、暖かいお茶を飲む。

それだけでもきっと一日の疲れの取れ方が違うと思います。

スポンサーリンク


 - おもてなし