クリスマスにお勧めの簡単ケーキレシピ☆パーティーにも最適

   

スポンサーリンク

こんにちはズボラbeauty管理人のsarahです。

だんだん寒くなってきましたね!気が付けばあっという間に11月。

クリスマスまであと1か月ちょっとですね。

クリスマスが近づてくると、大掃除や年賀状、クリスマスカードの準備、そしてプレゼントを探しに行ったり、お歳暮を贈ったり、とにかく忙しい年の瀬。

なので、簡単に作れて豪華に見えて、そしておいしいクリスマスにぴったりの料理をご紹介していこうと思います☆

基本、私が作るものは簡単な物ばかり。

何せ面倒くさがりですからね・・・

今日はクリスマスといえば!

ケーキ!!

簡単に出来ておいしいケーキをお伝えしいます。

これはアメリカのお友達から習った、レシピです^^

外国人にも大人気ですよ~~!

クリスマスにケーキを食べるのは日本だけ?

もともとはイエスキリストの誕生を祝う日であるクリスマス。

誕生日だからクリスチャンたちもケーキを食べてお祝いするのでは?と考えがちですが、アメリカではクリスマスにケーキを食べるという習慣はないようです。

基本的には、パイを食べることが多いそう。

アップルパイやパンプキンパイ、クランベリーのパイなどが沢山お店に並びます。

移民が多いニューヨークでは、イタリアでクリスマス時期に食べられるパネトーネというパンのようなものも沢山スーパーで見かけます。

パネトーネは、シフォンケーキのように高さのある柔らかいパンで、ほのかに甘みのある生地にドライフルーツが沢山入っています。

あまり日本では見かけないので、アメリカに来て初めて知りました。なかなかおいしいのです。

日本でクリスマスケーキを食べるようになったのはなぜ?

スポンサーリンク

日本でイチゴのショートケーキが定番のようになっているのは、雪をイメージさせる白、そしてイチゴの赤がサンタクロースをイメージさせるという説や、紅白でおめでたい色だからという説までいろいろです。

仏教徒が多い日本では、クリスマスケーキを食べるというのは宗教的な理由はなく、単にケーキを売るためのマーケティング戦略によって始まったようです。

おすすめケーキレシピ

パブロワ(メレンゲのケーキ)

材料

卵白 3個分

上白糖175グラム

コーンスターチ 小さじ1

白ワインビネガーまたは酢 小さじ1

バニラエッセンス 小さじ1/2

【フィリング】(メレンゲ生地の上にのせるもの)

生クリーム 300ml

お好みのフルーツ(写真のものはブルーベリーとイチゴ)

 

作り方

1.卵白を固く角が立つまで泡立てる

2.1に半分の上白糖を入れて混ぜ、さらに残りの砂糖、ビネガー、バニラエッセンスを入れて混ぜる

3.天板にオーブンシートを敷き、そこに2をすべて出す。

大体直径20センチくらいの大きさに丸くメレンゲを広げる。

4.オーブンに入れて1時間ほど焼き、焼きあがったらしばらく冷ます

5.フィリングの生クリームを泡立てる

6.冷めたメレンゲの上に生クリームを載せ、丸く広げてお好みのフルーツを飾る。

※メレンゲ部分が甘いので、フィリングの生クリームには砂糖はいれていません

※今回はクリスマスっぽく、赤のイチゴを並べて星のようにしてみましたが、オレンジやバナナなどなんでもお好きなフルーツをのせてください。どんなフルーツでも合いますよ!

まとめ

今回はとっておきの簡単なクリスマスケーキをご紹介しました。

忙しい年末ですが、ぜひ作ってみてくださいね☆

日本人にも外国人にとっても好評なケーキです!

スポンサーリンク

 

 

 


 - 料理