クリスマスの飾りつけをしよう!いつ始める?おしゃれな飾りつけは?

   

スポンサーリンク

こんにちは、ズボラbeauty管理人のsarahです。

ハロウィンが終われば、街はクリスマスデコレーションでキラキラと輝き始めます。

クリスマスイルミネーションを見に行ったり、パーティーをしたり、大切な人へのギフトを買いに行ったり、ワクワクする季節ですよね!

今回は、ご自宅でのクリスマスムードを盛り上げる、素敵なインテリアのアイデアをご紹介します。

簡単なものから取り入れて、自分の空間を素敵に演出しましょう。

クリスマスの飾りつけはいつから始める?

日本の一般的な家庭では12月に入るとクリスマスの飾りつけを始めるという家庭が多いようです。

実際にクリスチャンの家庭ではどうなのでしょうか?

厳密にいうと、飾りつけを始めるのは11月30日に一番近い日曜日からということになっています。

キリスト教では11月30日に一番近い日曜日からクリスマスまでを「アドベント」と呼び、キリストの降臨を待ち望む期間とされています。

多くの家庭では、この期間にクリスマスの飾りつけをします。

しかし、アメリカの周りの家庭を見ていてもあまり厳密に守っている家庭は少ないように見受けられます。

あまり堅苦しく考える家庭は少なく、アメリカではサンクスギビングデーが11月の第4木曜日にありますので、それが終わるとみんなクリスマスの準備に入るといった感じです。

 

飾りつけを片付ける時期は?

スポンサーリンク

日本ではクリスマスが終わると、すぐにツリーなどを片付け、お正月準備に入ります。

しかし、アメリカでは1月中もツリーを飾ったりリースをそのまま玄関のドアにかけている家庭は沢山あり、片付ける時期にもあまり神経質ではないようです。

正式には1月6日(顕現日)にクリスマス飾りを片付けるのが決まりです。

教会ではこの日程に基づいて、飾りつけを取り外します。

素敵な飾りつけ例

ここでは、いくつかのクリスマスデコレーションのアイデアをご紹介します。

出典:http://decordots.com

ホワイトで統一した小物がホワイトクリスマスを連想させます。

松ぼっくりの茶色がホワイトの中に活きていますね!

枝ものを花瓶に生け、そこにオーナメントを付けるだけで、おしゃれなクリスマスツリーになりますね!

色がポイントになるので、同色でまとめるというのは参考になります☆

 

出典:https://www.pinterest.jp

松ぼっくりをクリスマスツリーに見立てたデコレーション。

スプレーで松ぼっくりに色を付けるのもお勧め。

ゴールドやシルバー、グリーンの色を付ければ簡単にクリスマスオブジェが完成します

出典:https://www.pinterest.jp

”JOY”はクリスマスモチーフでよく用いられる単語

バケツにJOYの文字を付けて、モミの木を入れるだけでクリスマスオブジェが完成。

赤のリボンが効いていますね!

出典:http://bppmalta.com

シルバー1色とライトで作るクリスマスデコレーション。

星や、キャンドルを使うことでクリスマスっぽさを出せます

出典:http://blog.decoratorsnotebook.co.uk

北欧テイスト満載のクリスマス。

リースというとモミの枝を使うのが主流ですが、アイビーでもクリスマスのオーナメントを周りに飾ることで立派なクリスマスリースに。

面白いアイデアですね!シンプルですがとてもおしゃれ!

出典:http://www.hamptonsailingclub.com

これぞクリスマス!といったデコレーション。

ストッキングと、星のオーナメント、モミのガーランド。

キャンドルの下に赤い実を入れることで赤、緑、白クリスマスカラーが際立っています!

出典:http://bppmalta.com

クリスマスツリーのオーナメントは上からつるすのも素敵なアイデア。

高さをバラバラにしたり、同じ高さにしてみたり。

いろんなバージョ試してみたいですね!

高さの違うキャンドル数個を固めてプレートに置くのもおしゃれです。

上の写真のように色味を抑えると大人っぽく仕上がります。

お花も白で統一。

まとめ

これからどんどんクリスマスグッズが売り場に並ぶ時期。

私もショッピングに行くのがとっても楽しみです!

クリスマスまでの”アドベント”の時期を、飾りつけをしながら楽しみましょう。

スポンサーリンク

 

 


 - インテリア