【1日5分を習慣に】スッキリ見える部屋の片付け方☆

   

スポンサーリンク

こんにちはsarahです。

今日もお仕事、育児、家事、お疲れ様です^^

仕事をして帰ってきたら、家が散らかっている。

子どもが寝た後に、部屋を見回すと、散らかり放題で余計に疲れる。

遊びすぎて片付ける時間がない。

家が散らかっているので帰りたくない。。

そんな気持ちになった経験ありませんか?

 

私はあまり片付けが得意な方ではないので、そんな気持ちになることが多々あります。

そこで、A型でかなりきっちりしたタイプの主人が登場。

(ちなみに私はB型・・・)

 

彼の片付けを見ていると、ポイントを押さえて片付けをすることがとっても大事であることが分かりました。

今日は、私のようなずぼら~さんで、家を片付けるのは苦手だけど、きれいな空間に住みたいと思っている方に、1日5分で出来る”ポイント片付け法”をご紹介したいと思います。

片付けるべきポイント

では1日5分という限られた時間で片付けるべきポイントとは一体どこなのでしょうか??

テーブルの上

ダイニングテーブルの上に、郵便物やチラシ、本や、鉛筆など置いていませんか?

新聞やテキストなどが端に積みあがっているご家庭もありますよね。。

まず、ダイニングテーブルの上には絶対ものを置かないようにしましょう。

ダイニングの上がすっきりときれいであれば美しい印象を保つことができます。

これは意外と難しいことだと私は思っていて、ついつい何かものをテーブルやキッチンカウンターの上に置いてしまうものです。

いろんなタイミングでテーブルの上を意識することが重要です。

歯磨きをしながら、片付けたり、何かの動作と結び付けて片付けをすると習慣を作りやすかったりしますよ!

ソファの上はキチンとした印象

ソファに置いてあるブランケットなどは軽くたたんでおきましょう。

それだけで印象が違います。

決してきっちりと畳む必要はありませんが、かる~く畳んでひじ掛けのところにかけて置くだけで、印象が変わります。

それに加えて、クッションが変な形に凹んでいたらポンポンと叩いて形を整えておきましょう。

ベッドメイクは起きた時に

ベッドメイクを朝起きた時の流れでやれば、一日美しいベッドルームを眺めることができます。

ちょっと寝室を覗くと整ったベッドがある。

これは心理的にもものすごくいい効果があると個人的には思っています。

起きた時の1,2分で簡単にベッドを整えるだけで一日気分よく過ごせるのでとってもおすすめ。

もちろん、夜寝る時も最高の気分でベッドに入れます。

こちらの記事も参考にしてくださいね!↓

ベッドメイキングってどうするの?美しいベッドルームを作るコツ

床に置いてしまいがちなものを認識する

スポンサーリンク

物の住所(置き場所)を決める

帰宅して、ポンと床に置いてしまうものはなんでしょうか?

使用していたカバン?それとも上着?

財布や鍵?

置き場所がはっきりと決まっていないものは、その辺にポンと置きがちなので、物の住所をしっかりと決めることから始めましょう。

トレーやボックスの活用

そして、住所は決まっているけど、そこに置けない方。

(疲れていて、後で片付けようと思ってしまったりする方)

一時置き場として、トレーやボックスを用意するのもお勧めですよ!

これは後で、定位置に戻すことを前提としていますが、床やテーブルの上に物が乱雑に散らかることを思えば、印象が大きく違います。

とりあえず置き場を作るのも一つです。

まとめ

片付いた印象を作るには

・ダイニングテーブルの上には何も置かない

・ソファの上は簡単に整える

・ポンと定位置以外に置いてしまいがちなものを把握する

・トレーやとりあえずボックスを活用してみる

片付いた状態のところに物を置くのは気が引けるため、片付いた状態をキープしやすくなります。

いろんな場所を片付けようと欲張らずまずは毎日5分の簡単片付けから☆

是非試してみてくださいね。

今日もお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク


 - インテリア, 掃除テクニック