新生活スタート☆失敗なし!おしゃれなカーテンの選び方

      2018/03/13

スポンサーリンク

こんにちはsarahです。

新生活を始めるにあたって、引っ越しを考えている人も多いのではないでしょうか?

新しい家に引っ越す、一人暮らしの部屋借りる。

そんな時にまず考えなければならないのが、、、

カーテン

カーテンは、部屋の印象を一番左右するといってもいいもの。

・色はどうしたらいいか

・素材はどんなものがいいか

・柄はあった方がいいのか

などなど、考え始めるとなかなか決められないという方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな方のカーテン選びのヒントになるような情報をシェアしたいと思います。

是非参考にしてみてくださいね!

カーテンを変えると気分もインテリアの雰囲気もガラッと変わりますよ^^

サイズの測り方

まずはサイズを測りましょう!

カーテンレールの幅(cm)×1.03~1.05

上の式に当てはめた幅が一番美しく見えると言われています。

例えば、カーテンレールが100cmの場合

幅は103cmから105センチが理想です

(100cm×1.03=103cm、100cm×1.05=105cm)

長さ

床から1~2センチ短くします

床にカーテンが付いていると、埃が溜まったり不衛生になるのでお勧めできません。

たまに海外のインテリアブックで床にしっかりカーテンが付いているものも見かけますが

実生活ではあまり実用的ではないでしょう。。。

※レースカーテンを付ける場合、普通のカーテンより短めにします

※腰高程度の窓の場合は、窓下10センチから15センチまでの長さのカーテンにします

色はどうする?

スポンサーリンク

サイズを測ったら、次は色について考えましょう!

お部屋のインテリアを考える時に必要なのは3つのカラーです。

・ベースカラー

壁や、床、天井に使われているカラーを指します。

部屋の7割ほどを占める色をベースカラーといいます。

・メインカラー

ソファや家具、ラグなどに使われるカラーを指します。

部屋の雰囲気を決める色になります。

・アクセントカラー(差し色)

部屋の差し色として使う色をアクセントカラーと呼びます。

部屋のカラーの5パーセント程度にとどめるとうまくまとまります。

メインカラーの反対側の色を差し色に使うといいと言われています。

(チャートでいうと、1番をメインカラーに使った場合12か13番を差し色に使うという感じです)

 

出典:http://art-design-glossary.musabi.ac.jp

失敗しない色選びは?

同系色でまとめる

自分の家のメインカラー、ベースカラーを考え、似たような色でまとめます。

基本的に同系色でまとめれば失敗はしません。

出典:http://stunninglr.org

落ち着いた色味を使う

ベージュや白、グレーなどの落ち着いた色はほとんどの色に合うので失敗がありません。

写真のように柄があるカーテンでも色が落ち着いていれば、落ち着いた印象を保てます。

出典:https://suvaco.jp

アクセントカラー、メインカラーを使う

メインカラーを使いたい場合、ソファやラグなどの色とリンクさせます。

そうすれば、浮いた印象になら統一感が出ますね

出典:http://bloesem.blogs.com

出典:http://m.improvementscatalog.com

アクセントカラーを使いたい場合も同じ色をクッションなどに使用し、色をリンクさせましょう。

カーテンは面積が広い分、派手な色を使うとかなりインパクト、圧迫感が出てしまうことがありますので注意が必要です。

出典:http://www.delightfull.eu/

 

まとめ

カーテンの選び方、いかがでしたか?

今回は基本であるサイズ選びと、色選びについてご紹介しました。

・サイズはカーテンレールの幅×1.05cm

不安な場合は大きめを買いましょう!

・色は自分の家の家具の同系色や落ち着いた色味を使うと失敗しません。

素敵なカーテンで新生活をスタートしてくださいね^^

今日もお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク


 - インテリア