乾燥肌対策!かゆみや粉吹きを軽減する方法は?

   

スポンサーリンク

こんにちは、ズボラbeauty管理人のSarahです。

すっかり秋めいた気候になってきましたね!

この時期、気温の低下と、湿度の低下と共に多くの人を悩ませるのが・・・

そう、お肌の乾燥!!

もちろん、私も私の家族も例外ではありません。

これまで、自分で対策を講じてみたり皮膚科にかかったりしてきましたが、今日は自宅で簡単に取り組める乾燥対策について考えてみたいと思います。

 

乾燥肌とかゆみの原因は?

乾燥肌の大きな原因は肌の水分量の減少があげられます。

加齢や気温低下による肌の水分量の減少、皮脂分泌量の減少などが乾燥肌の主な原因として考えられます。

これらの減少により、肌のバリア機能が低下し、今まで感じなかったような敏感な刺激にも肌が反応してしまうようになります。

今まで着ていた洋服に反応する、今まで使っていた石鹸に反応する、自分の髪の毛が当たって痒いなど、敏感になった肌はいろいろなものに反応し痒みを感じるようになります。

痒いから掻く

皮膚を保護する角質層が剥がれる

肌の防御機能が低下しより敏感になる

痒みが酷くなる

このような悪循環が起きてしまうのです。

これからこの悪循環を未然に防ぐために自宅で気を付けるべき簡単なポイントをご紹介していきます。

ズボラな私でも継続して行っていますので、ぜひ参考にしてみてください

対策

スポンサーリンク

乾燥対策で一番重要になるのは入浴時、入浴後のお手入れです。

暖かいお風呂につかり、リラックスするひと時ではありますが、肌の乾燥を加速させたり、肌のかゆみを悪化させてしまう可能性のあるのがバスタイムです。

 入浴時のお手入れ

お湯の温度は低めに設定

熱いお湯に入るのは気持ちいいのですが、温度が高ければ高いほど入浴後、肌の水分量が奪われます

・タオルは使わず極力手を使って洗う

出来るだけタオルによる摩擦を減らします(ちなみにタモリさんも手洗いだと以前テレビでおっしゃってました)

毎日石鹸を使って体を洗う必要はなし!

週に2,3回石鹸を使えば十分汚れは落ちます

石鹸の流し忘れのないように

自分の目の届かないところは入念にチェック!

 

入浴後のお手入れ

・タオルで体を拭くときは優しくポンポンと押さえるように

決してこすってはいけません。これもタオルの摩擦を減らすため

体を拭いたらすぐに保湿ローションか、クリームを塗る

水滴が少し残っているくらいでもいいので、とにかく早く保湿!(皮膚科の先生からこれは強調して言われました)

 

顔のお手入れ

朝の洗顔は洗顔フォーム不要

私は20代の前半から朝の洗顔は水のみです。

最初は少し物足りないような感じがしますが、洗顔石鹸を使わなければ自分のお肌の皮脂でいい感じで肌が潤うのを感じるようになります。

水のみで洗顔後、化粧水や乳液、日焼け止めなど塗っていけばしっかりと潤いを保持できます。

・ワセリンが一番!

肌が乾燥して敏感になっているときは、ワセリンが一番簡単。私の母が高齢になってからアトピーになったのですが、市販の化粧品は肌に合わず使えなくなり、ひたすら保湿のためにワセリンを塗るように医師から言われていました。

低価格で、保湿力大です

環境に注意すること

就寝時

部屋を加湿する

室内の湿度は50~60%程度に保つのが理想。(湿度計を置いておくと便利)

エアコンの暖房を使用している場合は特に部屋が乾燥します。加湿器を使うか、ない場合は、濡れたバスタオルを室内に干しておくなどの対策が必要。

寝る時に、コップ1杯のお湯か水を枕元に置くだけでも対策になります。

・出来るだけ自然素材のパジャマを着る(綿や、麻、シルクなど)

化学繊維を使った洋服が多く出回っているので、なかなか日中も天然素材の洋服だけで過ごすのは難しいかと思いますが、寝る時くらいは天然素材にくるまれて眠りましょう。

天然素材は肌への刺激が少なくお勧めです!

まとめ

以上、簡単に出来るお手入れについて書いてみましたがいかがでしょうか?

とにかく乾燥肌には保湿が一番大事!

そのために入浴方法には気を付け、湿度管理や着るものにも少し注意をしてみましょう。

しかし、”かゆみ”と一言で言っても、内臓疾患を原因とする痒みもありますので痒みが酷い場合、自分でいろいろ対策を試してみても改善しない場合は、皮膚科へ行き、適切な診察を受けることも大事です。

スポンサーリンク

 


 - 美容