ひな祭りパーティーをしよう!テーブルコーディネートアイデア

   

こんにちはsarahです。

もう2月も終わりですね・・・

3月に入るとすぐにやってくるのが

 

”明かりを付けましょぼんぼりに~~♪”

そう!ひな祭りがやってきます。

 

ひな祭りは女の子の健やかな成長を祝う行事です。

我が家には女の子はいませんが、ちょっと気候が春めいてくる3月。

やはり春らしいテーブルでお祝いしたいですよね。

 

そこで今日はひな祭りパーティを開くときのために、おしゃれなおひなまつりコーディネートや行事食についてご紹介したいと思います。

こちらの記事も参考にしてみてくださいね↓

現代的なひな人形を探そう!収納も簡単☆

ひな祭りには何を食べる?

行事食は、年中行事で神様にお供えするための豪勢な食事を言います。

年中行事は季節の変わり目にあることが多いので、旬のものを取り入れて、体調を崩さずに季節の変わり目を乗り越えるというような意味もあるそうです。

菱餅

しろ、ピンク、グリーンの3色が印象的な菱餅

それぞれの色に意味があります。

ピンク(クチナシを使用)・・・魔よけ

グリーン(ヨモギを使用)・・・長寿、健康

白・・・清浄、雪

 

クチナシには解毒作用があり、またヨモギには増血効果がある。

使われている材料にも意味があるのです。

ひなあられ

ひな祭りの節句の代表的な和菓子のひとつです。ピンク、緑、黄、白の4色でそれぞれ四季を表していると言われています。

菱餅を砕いてひなあられを作っていたという説もあるようです。

見た目にも華やかでテーブルが明るくなりますね^^

 

ハマグリのお吸い物

ひな祭りの代表的な食べ物です。

はまぐりの貝殻は、対になっている貝殻でなければぴったりと合いません。

このことから、仲の良い夫婦を表し、一生一人の人仲睦まじく添い遂げるようにという願いが込められてお吸い物に入れられています。

 

ちらし寿司

ちらし寿司はもともとは行事食ではありませんでしたが、見た目が華やかで”桃の節句”にぴったりということでお雛祭りに定着したようです。

また”寿司”は、”ことぶき”を”つかさどる”と書くためおめでたい席にはぴったりです。

ちらし寿司の具の意味

エビ・・・長寿

レンコン・・・見通しが効く

豆・・・マメに働ける

白酒(甘酒)

もともとは桃の花びらを漬けた「桃花酒」というものが飲まれていたそうです。

桃は薬酒のひとつとして中国から伝えられており、邪気を祓うものとして、体力の充実を図るものとして飲まれていたよう。

江戸時代から白酒に変わったといわれています。

 

テーブルコーディネート例

桃の花をセンターピースに

桃の花はそれだけで存在感大!

一気に春のテーブルにしてくれます

ピンク色のドリンクや、ピンクのクロスが桃の節句を存分にアピール!

ひなあられを入れた、花型の器も素敵☆

出典:http://klastyling.com

こちらもピンクをメインカラーに。

桃の花のナプキンリングとピンクのナプキンが印象的。

ちらし寿司をグラスに入れたのもおしゃれですね

出典:http://ameblo.jp/asapodapo

菱餅カラーで

こちらはカラーサンドをグラスに入れて菱餅カラーにしています。

造花の桃の花をシリンダーグラスに入れているのもスタイリッシュ。

簡単に出来るひなまつりデコレーション

出典:http://klastyling.com

菱餅カラーのコーディネート☆

ひな祭り感たっぷり~~!

出典:https://www.google.co.jp

お重を使って

お重を使ったコーディネートも和の雰囲気を演出できますね。

白のお重がかわいらしいく、柔らかい印象。

出典:http://plaza.rakuten.co.jp

まとめ

ひな祭りのテーブルコーディネートアイデアはいかがでしたか?

桃の花を買ってきて、ピンをメインカラーにすればあっという間にひな祭りテーブルが出来上がりますよ!

是非参考にしてみてくださいね☆

我が家も男子しかいませんが、たまにはかわいらしくピンクでコーディネートしてみます^^

今日もお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク


 - おもてなし, パーティー