現代的なひな人形を探そう!コンパクトで収納も簡単☆

   

スポンサーリンク

こんにちはsarahです。

あと1か月もすれば桃の節句ですね。

初めての女の子のお孫さんがいるおじいちゃま、おばあちゃま。

そして、初めての女の子を持つご両親は、デパートや人形屋さんなどいろいろなところでお雛様を下見しているのではないでしょうか?

現代の日本の家は、和室が無かったり、都心だと部屋が狭かったりとお雛さまを置く場所に悩んだりする場合も多いと思います。

今日はそんな現代の家にぴったりなお雛様をご紹介したいと思います。

せっかくですから気に入った素敵なものを購入したいですもんね!

是非参考にしてみてください。

ひな人形の意味

女の子が生まれると、健康と幸せを願い、その思いを込めてお雛様を飾り、毎年ひな祭りを行いお祝いします。

将来、幸せな結婚ができるようにと願いを込めたものであり、雛人形飾りは、結婚式の場面を表したものと言われています。

選び方

スポンサーリンク

店頭には数多くの人形が並んでおり、事前にイメージを膨らませて置くことが大切。出ないと、なかなか決目られないという事態に陥ってしまいます。まず、雛人形を買いに行く前に以下のポイントをチェックしてみましょう!

予算
・飾る場所・しまう場所

・大きさ

・どんな人形にするか(衣装着、木目込、一刀彫、焼物や陶器など)

周りのお友達のひな人形を見せてもらったり、ネットでリサーチしたり事前にいろいろなパターンのひな人形を見ておくといいですね!

現代風の家に飾る注意点

現代の住環境においては、飾る場所にマッチするかどうかも重要なポイントです。

・フローリングなどにも合うかどうか

・お雛様の衣装の色や柄などが部屋の雰囲気に合う

・フローリングとマッチしているか

・部屋全体を見回し、マッチしそうなお雛様をイメージしておきましょう

飾る期間

2月の節分を過ぎてから雛人形を飾り始めて3月3日を過ぎたら、晴れた日に(湿度の低い日)しまいましょう。
3月3日を過ぎても雛人形を片付けないと、嫁にいき遅れるというのは、根拠のない言い伝えだそうです。

おひな祭「桃の節供」の原型は、流しびなの厄払いですから、その日のうちに川に流してしまわないといけませんでした。そこから3月3日には片付けなければいけないという話が出てきたようです。

また、ご両親が、”自分のものはすぐに片付けなさい。片付けの出来ない子はお嫁にいけないよ。”と躾で言ったことが、この言い伝えに関係しているようです。

 

おすすめひな人形とインテリアの実例

収納飾り

収納箱の上に、ひな人形を飾ることができる収納飾り。

最近は収納箱自体のデザインにこだわったものも出ているようです。

日本の伝統を取り入れ、また美しいインテリアになるような商品もでていますよ。

出典:https://www.sogo-seibu.jp

床の色に合わせて

床の色が明るい色ならこんなお雛様はどうでしょう?

木目を生かしたナチュラルなお雛様。

明るめの木の色が、北欧系のインテリアなどにうまくなじみそうです。

5段でありながら、コンパクトでかわいらしいですね。

 

出典:http://clubsc.exblog.jp/

人形のお顔を重視する

人形はそれぞれお顔の表情が違うので、気に入ったお顔のものを選ぶのも一つ。

私も何か顔のあるフィギュアを選ぶときは表情をかなり重視して選びます。

(例えば、クリスマスのトナカイのフィギュアなど。)

こちらのお雛様は、赤ちゃんのようなお顔をしており、優しく柔らかい雰囲気を醸しています。

出典:http://hina.furacoco.ne.jp/sp/

3段雛

奥行きがあまりなくカウンターにでも置けそうなお雛様。

出典:https://www.amazon.co.jp

立雛

お雛様の衣装にもいろいろと種類があります。

こちらの衣装はにはこんな説明がされています。

”平安時代の宮中の儀式や行事に関する有識者(研究者や学者)が身に着けていたといわれる有職織の衣装。有職織物は日本の織物美ともいわれ、上品で洗練された格の高い着物に仕上げています。”

衣装を通じて歴史を感じることが出来、素敵ですね。

お店で衣装に注目して、店員さんに聞いてみるのも楽しいかもしれません。

 

出典:http://www.soneningyo.jp

 

まとめ

いろいろお雛様を探してみると、本当に奥が深い!

やはり事前に

・予算
・飾る場所・しまう場所
・大きさ
・どんな人形にするか

を考えることはとても大切だと思います。

ある程度いろんな知識を入れてからお店に行くと、質問もスムーズにでてくるのではないでしょうか?

今日もお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク


 - インテリア, 暮らし