はじめまして

      2018/06/19

スポンサーリンク

 

管理人の自己紹介

■名前 sarah

■居住地 NY郊外

■出身地 兵庫県

■趣味 模様替え、料理、テーブルコーディネート、旅行、食べること

■性格 他人からは社交的と言われますが、結構根暗な面もあり

■既婚

■仕事 フリーのネイリスト

■職業遍歴 新卒でCAに→妊娠後退職→ネイリストと時々マナー講師

■家族構成 旦那と二人の小学生男子

■転勤族 東京→大阪→NY

■現在の目標 英語をもっと上手に話せるようになりたい

穏やかなお母さんになりたい

■音楽 Bruno Mars

 

 

ただ外見を磨くだけだったCA時代

はじめまして、sarahです。

私は大学を卒業して、某航空会社でCAとして働いていました。

CAの職場というのは、皆さん思い描いている通り、完全なる女社会。

みんな競うように、美容にお金と時間をかけ、

ステイ先ではブランド物を買いあさり、

その土地での遊びを楽しむ日々。

外見磨きに余念はないが、家の中は結構ぐちゃぐちゃ。

それはステイ先のホテルを見ると一目瞭然。

たった一日の滞在なのに、部屋をキレイに保てない・・・

そんな独身時代を送ったのでした。

 

子供が出来てからの苦悩

それでもまあ、子供ができるまではなんだかんだで

ちょっと散らかっているな・・くらい程度で過ごすことが出来た。

 

しかし、子供が出来て生活が一変。

子供は部屋を散らかすのが仕事。と言っても過言ではないくらい

散らかす散らかす・・・

おもちゃがそこここに散乱し、おむつや育児グッズも行き場をうしない

これまた散乱・・・

”これはどうにかしなくては・・・”

”友達も呼べないではないか・・・”

”片付けられない親に育てられた子供も、きっと片付けられない大人になる・・・”

 

そこで、近くの整理収納のお教室で学ぶことにしたのでした。

 

片付いた空間がくれた精神余裕

お教室で学んでいくにつれ、基本的にほとんどの人が知っているであろう

お片づけのルールを知るようになった私。

それはほんとに基本的なことばかりだったのだが、片付けのいろはを知らない私にとっては

とても新しかった。

(いわゆる”片付けられない人”以外はみんな知っているような内容ばかりだったのだが・・・)

そのメソッドに従って、収納を考えていくと、自然と部屋が散らかりにくくなったことに気づき

感動!!

部屋が片付いていると、精神的にもとても余裕が出てきたのを感じるように。

逆に、精神的に不安定だと、部屋が散らかる!

 

そんなこんなでインテリアに興味を持つようになったのでした。

このころになると、以前あったブランド品への興味は薄れ、もはやプチプラブランドしか身に付けなくなるように・・・笑

 

海外インテリアへのあこがれ

約2年ほど前にNYに転勤になった。

初めての海外生活。

日本とは全く異なる間取りの家。

アメリカ人の家へのこだわり。(米人はインテリアやガーデニングにものすごくお金をかけます)

内装へのこだわり。

デコレーションの仕方。

 

すべてが、目から鱗。

あまりにおしゃれな空間にすっかり虜になってしまった。

そして今は、インテリア雑誌や媒体を読み漁り、自分の家に生かせるアイデアはないかと

日々模索している。

 

このブログは、海外インテリアのエッセンスをすこしでも自宅に取り入れたい人の

ヒントになるようなコンテンツを基本的に載せています。

”自宅を海外のおしゃれなお家のようにしたいな~”という方の

参考になればうれしいです。

 

あとは、ネイリストなので、ネイル情報もちょこちょこと^^

どうぞよろしくお願いいたします。

Sarah

スポンサーリンク

 

 


 - ご挨拶