手荒れ対策!ひび割れの原因とお手入れ法は?

   

スポンサーリンク

こんにちはズボラbeauty管理人のSarahです。

連日、冬の乾燥対策について書いていますが今日は手のお悩みについてです。

手も毎年、私を悩ませる問題の一つ。

冬になると、乾燥で、指の先がひび割れ出血・・・

ネイルをするときでも除光液がしみるしみる・・・

もはや、ネイルを楽しむことも難しい。。。

そんな状態に毎年なっていました。

指先のぱっくり割れているところは、エキバンという水ばんそうこうでカバーし、

とりあえず、水仕事でのダメージを軽減するべく頑張っております!

今回は、そんな手荒れのお悩みで同じように悩んでいる方の苦痛を緩和できるように

いろいろなケア法を共有したいと思います。

原因

・乾燥によるもの

・バリア機能低下によるもの

原因は大きく2種類に分けられます。

一つは乾燥によるものです。

もともと、手は皮脂膜によって守られていますが、水仕事をよくする方は

皮脂膜が取り去られ、手が乾燥した状態になります。

水仕事をよくする主婦、美容師、紙をたくさん触る仕事に従事されている方も

指や手の皮脂が取り去られ、乾燥が酷くなり、手荒れやひび割れを引き起こします。

バリア機能の低下によるもの

皮脂膜が取り去らわれ、乾燥した肌のバリア機能はとても低くなっています。

デリケートになっている肌は、普段(夏場)あまり反応しない素材に反応するようになったり、

痒みを引き起こしたりします。

そしてアレルギー反応を簡単に起こすようになってしまいます。

 

 

対策

・必ず手袋使用する

基本中の基本ですが、あまりにもデリケートになってしまっている手には

ゴム手袋によるアレルギー反応やかゆみが出ることがあります。

その場合、いくつかの種類を試し、自分にあう手袋を探すことも大事です。

 

・お湯の温度は低めに設定

お湯の温度が高いとその分乾燥が酷くなります。

これはお風呂にはいるときの全身の保湿ケアと同じですね!

こちらの記事も参考にしてくださいね↓

乾燥肌対策!かゆみや粉吹きを軽減する方法は?

 

手を洗ったら毎回ハンドクリームを塗る

こまめに塗り込むことが大事

 

寝る前は必ずハンドクリームと手袋をする

手袋は自然素材のものがお勧めです(綿やシルク)

 

・除光液の使用を極力避ける

除光液は爪の周りや指先の乾燥をひどくします。あまりに手荒れが酷いときはネイルを

お休みすることも必要です。

それでもネイルをしていたい方は、除光液やアセトンでネイルをオフする前に

オイル除光液が触れるところにあらかじめ塗っておきましょう。

乾燥を少しは防げると思います。

 

・漢方薬の力を借りる

薬を塗っても全く改善しないときは、漢方薬が聞くこともあるようです

冷え予防や、血行促進してくれる漢方薬を飲むことで血流が良くなり、手荒れが改善することも

あります。

 

管理人お勧めケア

手にしっかりとクリームやオイルを塗り、ラップ→綿の手袋→ゴム手袋

そしてお湯で食器を洗う。

お湯がいい感じで手袋の中を暖かくしてくれ、パックのような効果を生みます。

これをやった後は、手がしっかり潤います。

 

 

まとめ

手の保湿も、体全身の保湿も基本は同じ。

でも手は一番使う場所なので、手荒れになりやすく、治るまでつらいものです。

出来るだけ早めの対策をするのが大事ですので、そろそろ気温が低下してきた~と思ったら

ハンドクリームを塗り塗りすることから始めましょう。

あまりにひどいときは皮膚科を受信することも大切です。

 


 - 美容