【北欧系】くつろぎの照明づかいのアイデアとは?

   

スポンサーリンク

こんにちはsarahです。

日照時間が短く、長い夜の楽しみ方をよく知っている北欧の人たち。

そんな北欧の人たちのお宅を覗いてみると、

とにかく照明のデコレーションアイデアが参考になる!

ということに気づきます。

 

日照時間が短く、かつ冬は寒くて家の中で過ごす時間が長い人達だからこそ

快適で心地よいインテリアを追求してきたのかもしれません。

 

ということで、今回は北欧系のインテリアのアイデアをご紹介していきたいと思います。

ご自宅が北欧系スタイルのインテリアでなくても、参考になる要素がいろいろありますので

是非読んでみてくださいね!

ダイニングの照明は低めに吊るす

基本的にはダイニングの照明は低めに吊るします。

テーブル面から60~80センチくらいの高さに設置すると眩しくなく、そして料理も美しく見えるといわれています。

出典:https://nyde.co.uk

間接照明をうまく使う

下からの光でリラックスした雰囲気を演出

照明は床の低い位置に置いて、光の重心を下げることで自然と落ち着いた印象になり、

心地よく、くつろぎ感が増します。

また、低い位置から広がる光は空間に奥行や広がりをもたらしてくれます

 

見せたいものを照らす

 

見せたいアートをライトで照らすのもお勧め。

壁に貼ったお気に入りのポスターや絵のそばに照明を置くだけで、

ギャラリーのような印象的な空間を演出できます。

壁以外にも、棚に飾った雑貨などを照らすのもセンス良く見せる方法の一つ。

出典:https://www.urbanoutfitters.com

一部屋にいくつかの照明を置く

スポンサーリンク

北欧では、日本のように天井からの一灯だけで部屋全体を照らすということはありません。

一部屋に少なくとも2つは照明を置きます。

 

空間に光と影を作ることで立体感と奥行きが生まれまれ、リラックスできるおしゃれな空間になるのです。

明かりに高低差を付けるとさらにおしゃれ。

壁面や、天井面、コーナーや棚の一角などいろいろなところに照明を置き、

美しい立体感を楽しんでみてください。

 

出典:https://terminartors.com

リビングの照明も低めに

ダイニングだけでなく、リビングの照明も低くするのが北欧のお宅。

ソファに座ると必然的に目線が低くなるので、高い位置から部屋全体を照らす光より、

低い位置からの穏やかな光の方がリラックスできるといわれています。

出典:http://theultralinx.com

 

こちらはダイニングテーブル兼、ソファのようなものですが、やはりライトの位置は低めです。

出典:http://diningroomlighting.eu

部屋や棚のコーナーを照らす

部屋や棚のコーナーに照明を置いてライトアップすることで

空間に広がりが出ます。

明かりを1か所に集中させず、部屋の中央、端、という様に分散させるとより効果的。

出典:https://luvv.it

まとめ

北欧系の照明アイデアはいかがでしたか?

IKEAなどでも安くて素敵な照明が沢山売っています。

部屋に2つ以上の照明を置いて、光の生みだす、立体感や影を楽しんでみてはいかがでしょう。

リラックスした気分になること間違いなしです。

是非参考にしてみてくださいね!

今日もお読みくださりありがとうございました。

スポンサーリンク


 - インテリア, 照明