憧れの北欧インテリア、リビングカーテンはどれがいい?

   

 

憧れの北欧系インテリア。

 

暖かみがあり、ナチュラルかつ無駄を省いた心地よい空間は

みんな大好きですよね。

 

我が家は北欧テイストではありませんが、

やはり写真を見るといつも惹かれてしまい、

テイストを変えたくなってしまいます。

 

しかも、北欧インテリアが好きなお友達の家に招かれた時の

あの心地よい空間!

いつまでもその家に居たくなってしまいます。

(若干迷惑・・・笑)

 

今回は、北欧インテリアなお家を作るのに重要な要素、

 

カーテンについて、研究してみました。

 

 

色は白!

marimekko-ceo-tiina-alahuhta-kasko-helsinki-home-4

credit:http://www.homejournal.hk

こちらは日本人にも大人気、マリメッコのCEO Tiinaさんのご自宅だそう。

テーブルクロスはもちろんマリメッコですが、カーテンはシンプルな白。

 

たくさんの北欧インテリア のお家をチェックしていると

80パーセント近く、皆さん白を使用しているという印象。

 

もしくは、白に近いベージュや、淡いグレーも人気です。

 

冬が長い北欧地方。

 

冬場は日照時間が極端に短いので、明るい色で部屋を明るく見せることも

とても重要な要素の一つなんですね!

 

 

ブラインド・シェード

 

ブラインドや、シェードも白やごく淡い色を選べば北欧インテリアになじみます。

 

ブライドの利点は、日中、シェードの向きを変えて、

部屋に差し込む光を調整できるのが利点です。

5ece52ca38703

credit:https://img.homejournal.com

 

素材はコットンや麻がオススメ

5624d8a611ab9ddd0ffd9c6e0f454c10

credit: https://www.sarahhamm.ca/

 

 

素材はナチュラルな色目の家具・素材に合わせて

コットンや、麻がぴったりマッチします。

 

 

お家によっては、出来るだけ日差しをカットできるような

遮光カーテンや、防音機能を期待したい場合は、

厚手の生地を選ぶ必要があるかもしれません。

 

見た目だけではなく、どれくらいのUVカット率なのか、など

機能面に関しても、HPなどで数値化して記載してくれているものが信頼できますね!

 

 

生地は無地を選ぶ

small-apartment-in-a-scandinavian-style-of-life-and-decoration-0-986

credit:https://www.ofdesign.net

 

柄は無地がおすすめです。

カーテンは、部屋の中の大きな面積を占めるもの。

 

大きな柄の生地を使用すると、部屋が狭く見えてしまいます。

 

部屋自体が大きい場合は、大きな柄のものを使用しても

問題はないのですが、スペースの限られたい日本の住宅では

無地のカーテンを用いるのがおすすめです。

 

出来るだけうすい色を使用するのも大事。

 

暗い色のカーテンは、部屋暗く、狭く見せてしまいます。

 

 

 

長さ・丈

 

Scandinavian-Living-Room-Ideas

credit:https://decortrendy.com

 

どのくらいの丈にする?

海外風のインテリアを目指すなら、

思い切って、床にカーテンが付くくらい長めにしてみてはどうでしょう?

 

海外の住宅の写真を見ていると、

物凄く長めのカーテンを使用している

お家がたくさんあります。

 

お掃除のことなどを考えると現実的ではないな・・・

と思われる方もいるかと思いますが、

床につくくらいたっぷりと設えられたカーテンのエレガントさは格別。

 

私もいつかチャレンジしてみたいと思っています。^^

 

どこからカーテンをつける?

 

日本のお家は、基本的にカーテンを、

窓枠に合わせてつけることが多いですよね?

 

海外では窓枠のサイズに合わせて、

カーテンの丈を決めるということはあまりしません。

 

カーテンの長さは、壁の高さに合わせることが多いのです。

部屋を広く見せたい場合は、

カーテンを壁の一番上のあたりからつけます。

 

そうすることで、縦のラインが強調されて、部屋の天井の高さが高く見えます。

 

そして、部屋全体が広くなったように錯覚するのです。

4c5997246467047659c1497f98fda8bf

credit:https://lekkerhome.com

↑こちらのお家は、壁の一番上から。

 

部屋の天井が高すぎる場合には、カーテンを少し下めにつけたり、

ボーダーっぽい柄のカーテンを使用して、横のラインを強調すると

天井の高さをカモフラージュできると言われています。

 

まあ、そんなお悩みのある家は日本にはあまりないと思いますが・・・

 

まとめ

北欧インテリアのカーテン選びのポイント

 

・色は白!

・素材は、コットン・麻

・生地は無地を選ぶ

・丈は長め

 

みなさんのカーテン選びの参考になれば嬉しいです。

 

こちらの記事もおすすめです

 

北欧の”ヒュッゲ”な暮らしって?日本で取り入れる方法とは?

夏インテリアに模様替え!清涼感のある空間を作るアイテムとは?

夏でも切り花(生花)を長持ちさせるコツを知りたい!お勧め方法

 

 


 - インテリア, リビング , , ,