海外風のベッドを目指そう!枕の置き方のルール☆

   

スポンサーリンク

こんにちはsarahです。

今日は海外風のベッドをどのようにして作るかをテーマに書いてみたいと思います。

みなさんは外国のベッドルームというと何を連想しますか?

沢山枕やクッションがベッドの上に飾られている。

アッパーシーツや、ベッドスカートなど日本ではあまり使用している人が

少ないものが使われている。

カラフルな色使い。

毛布のようなものが上に置いてある。

などなど、人それぞれいろんなイメージをお持ちだと思います。

私はとにかく、クッション使いが上手!という印象を持っていたのですが、

クッションの置き方にもいろいろルールがあることを知り驚いた過去があるので

今回はそれをご紹介したいと思います。

何のために沢山のクッションや枕を置くのか?

欧米ではベッドの上に置く枕や、クッションのことを総称して”デコラティブピロー”と呼びます。クッションであっても、ベッドの上ではピローという扱いのようです。

美しさのため

欧米の人たちは、リビングのソファを美しいクッションで飾るのと同じようにベッドの上も美しく飾るということを考えて置いているようです。

枕や、毛布、デュベ(掛け布団のようなもの)では物足りず、クッションを使ってデコレーションするというのが一般的です。

背もたれとして

外国のドラマなどを見ていると、欧米の人たちはゆっくりリラックスしてベッドで過ごす時間を大切にしていることがわかります。

週末の朝にはベッドの中で朝食をとったり、夜はお茶を飲んだりスナックを食べながら本を読んだり。

その時に活躍するのが沢山のピロー。

背もたれとして使ったり、腰のあたりを支えたり、ひじ掛けとして使ったり。

ベッドの中で過ごす時間を快適なものにするのに欠かせないものなのです。

デコラティブピローの置き方のルール

スポンサーリンク

重ねて置く(スタッキングスタイル)

寝る時に使う枕を重ねて置き、その手前にクッションを置くスタイル

一番基本的なスタイルです。

写真のようにたくさんシンプルに3個のクッションを追加するだけだと

朝のベッドメイキングも簡単に出来ますね

出典:https://www.decorpad.com

羽毛のクッションはチョップして、くぼみをつけて飾ります↑

通称”クッションチョップ”と呼ばれています(笑)

出典:https://www.pinterest.com

白とグレーの中にピンク効いていますね!

立てて置く(スタンディングスタイル)

ベッドボードから、順に枕を立てかけていくスタイル。

特に決まった個数はなく、背もたれから何列か重ねて置いていきます。

お好みでボリュームが出すことも控えめにすることも可。

 

出典:https://www.bloglovin.com

こちらには計8個のピローが使われています。↓

一番奥の大きなピロー は”euro sham”(ユーロシャム)と呼ばれます。

60センチ程度の正方形のものが一般的。

そこから、2列、3列とクッションを重ねて層にしていきます。

一番手前に持ってくるのは”ブードワールピロー”と呼ばれるクッション。

アクセントになるものを持ってきたり、デザイン性の高いものを使用することが多いです。

下の写真のように白ベースの中に少し色味の強いグレーを持ってきて引き締めています。

スローの色と同じ色を使うことでより統一感がでます。

出典:http://blog.styleestate.com/

壁のアートと色を合わせて統一感を出しています。

ブードワールピローに編んだような変わった素材のものを使用しています

出典:http://thezoereport.com

ユーロシャムに1つファー素材を使っています。

季節に合った生地のものを入れる見た目にも暖かに☆

http://www.fashionizm.com

クッションの選び方・置き方アイデア

同じ柄は同じ列に

上の写真を見てもわかるように失敗しづらいのは、

同じ柄、同じ生地のものは同じ列に並べるというものです。

同系色でまとめると失敗しません。

出典:http://citrineliving.com

いろいろな形のものを使う

様々な形のクッションを使うのもおしゃれに見える方法の一つ

棒のような長細い形のものから、丸や小さな形のものまでいろんな形のものを使ってみましょう。

こちらは丸太のような形のクッションを使ったもの。

白のリネンにストライプが映えています。

清潔感たっぷりのベッドですね。

出典:http://www.woohome.com

こちらはかわいらしいコロンとした形のクッションを飾りに使ったもの。

色を淡いトーンで合わせることでかわいらしく優しい雰囲気に仕上がっています。

ベッド上のアートの色味も合わせて統一感があります。

出典:https://oheightohnine.com.au

まとめ

おしゃれなピロー使いのルールはいかがでしたか?

・スタッキングスタイル

・スタンディングスタイル

・スタッキングとスタンディングをミックスしたもの

・いろんな形のクッションを使う

・柄と大きさが同じものは同じ列に並べる

・同系色でまとめると失敗しない

クッションの色味やデザインを変えるとベッドルームの雰囲気が大きく変化します。

気分を変えたい時、季節に合わせてベッドの雰囲気を変えて楽しんでみましょう☆

ちなみに我が家では寝る時はクッションは床に落としています。

正しいのかわかりませんが・・・笑

外国の家ではベッドの近くに椅子を置いているパターンが多いので、

寝る時、使わないクッションはそこに置いているようです。

今日もお読みくださりどうもありがとうございました。

スポンサーリンク


 - インテリア, ベッドルーム