ホームパーティーを開催しよう!part2 テーブルコーディネートの基本

   

スポンサーリンク

こんにちはズボラbeauty管理人のsarahです。

今回はホームパーティーを開催しよう②と題して、テーブルコーディネートの基本をお伝えしたいと思います。

家で親しい人を招いて行うホームパーティーではあまり堅苦しいことは必要ありませんが、基本の知識を持っていると外で食事をするときもいつもとは違う視点で見ることが出来たりします。

知識を持っていて損はなし!

ぜひ参考にしてみてください^^

企画とプランニング

誰が誰とどこで

いつ、何のために

何をどうやって食べるのか。

パーティーの企画の一番最初に考えることです。

こちらの記事もご参照ください↓

ホームパーティーを開催しよう!

テーブルの構成

スポンサーリンク

一人分のスペース

横45センチ(大人の肩幅)× 奥行35センチ(手を伸ばす範囲)

共有スペース

30センチ 30センチ程度の大皿が置ける程度が理想

隣の人との間隔は15センチ必要

横の長さ・・・(45+15)×人数

奥行・・・35+35+30

セッティングの手順

 

ポイント

テーブル全体をキャンパスと考える

一人一人がどこに座っても気持ちよく食事が出来るように

1つのモチーフ(1人前のセット)を繰り返す

①アンダークロスをひく

(テーブルクロスの下に敷く布のこと)

・ネルまたは市販のゴム製のもの

もしなければ、テーブルクロスと同じくらいの大きさの布や下に敷く

食器を置いたときにテーブルにあたる衝撃を和らげる。クロスの滑り止めの役目もある

②テーブルクロスをひく

・垂れの長さは40センチから50センチといわれているが家庭用では20センチが一般的

・ランク  素材・・・麻→綿ダマスク→綿→化繊→レース・オーガンジー

色・・・・白→淡い色→濃い色・柄もの

・レースや刺繍のあるクロスの場合はアンダークロスは不要

③センターピースをテーブルの中央に置く

・生花を用いるのが一般的だが他のものでも良い

・大きさはテーブルの長さ、幅とも1/3、高さは25センチから30センチ

④アンダープレート(位置皿)、ディナー皿を置く

位置皿とは、直接料理を載せない一番下に敷く大きな飾りのお皿のこと

⑤カトラリーを置く

・同じスタイルや柄でそろえる必要はなし

右にナイフ(刃は内側に向けて)、スプーンはナイフの外側

左にフォーク(料理に合わせて増やす)

⑥グラスを並べる

右側のナイフの上、または位置皿の上に背の高い方から置き、右へ下がる

デザインが美しいものがお勧め

⑦ナプキンを置く

・ナプキンをたたんでフォークの左またはプレートの中央に置く

・大きさは50センチから55センチの正方形でゆるく柔らかい感じに畳む

⑧キャンドルを配置する

食卓には無臭のものがお勧め

こちらの記事も参考にしてみてくださいね↓

クリスマスをキャンドルで素敵に演出しよう!

⑨フィギュアを置く

フィギュアとはセンターピースや小物類、生花などをいいます

トーキンググッズとも呼ばれ、会話のきっかけになる飾りの小物のことを指します

⑩全体がバランスよく配置されているかを点検する

まとめ

今回お伝えしたことは、あくまでも基本です。

自宅で開催するホームパーティーでは、テーブルクロスをひかず、ランチョンマットのみでテーブルコーディネートをしたり、紙ナプキンや使い捨て出来るプラスチックの容器を使ったり、とにかく自由に頼むことが大切です。

無理なく楽しめるのが一番!自由な発想で、洋服を選ぶように楽しんでコーディネートしてみてくださいね。

その先にはゲストの笑顔が待っています^^

スポンサーリンク


 - おもてなし, パーティー